2013年01月12日

漫画家を目指していた私が、絵が嫌いになるまで

act 1.幼稚園

幼稚園の頃は、図形で構成された動物のイラストを、友達と描いていた。

私が、『しかくいうさぎ』というキャラクターをドヤ顔で描いていたところ、
友達二人が、『私も描きたい』と言ってくれたので、
二人それぞれに『まるいぱんだ』と『さんかくのねこ』というキャラクターを作ってあげた。


『しかくいうさぎ』の漫画を、画用紙で作ったマメ本に描いた。
『たのしい幼稚園』などの雑誌でしか漫画に触れていなかったため、
漫画であったかもわからない。

「これは、大人になるまでとっておこう」そう思った。



しかし、その漫画は、作ったその日に





















洗濯機でまわしてしまって



もう読めない。












act 2.小学校

小学生になり、学童保育で知り合った友達と、
コピー用紙を無造作に切ってホチキスで止めたマメ本に漫画を描き合った。

「夢は漫画家」の友達であった。

その時描いていた漫画は、気になる漫画のパロディ(同人を知らなかった)だったり
日常で面白いと思った出来事を膨らませたものだったり
なぜかセーラームーンが丸裸だったり(私の漫画だけです)

今見たら笑えるんだと思う。

しかし、今は残っていない。
押し入れの奥にしまってしまい、今もあるかもわからない。


また、小3で同じクラスになった友達と、
キャンバスノートに手描きで書いた4x5の格子の中に、漫画を描いた。

一晩で10P描く、という罰ゲームも、塾で忙しいさなかやりとげた。
想像力にあふれていた。


自慢になったら悪いが、小学校の頃6年間、毎年何らかの賞を取っていた。

(しかし、自己中で自慢しいで、友達には好かれていなかった。)



act 3. 中学・高校

中学になり、頭の良い私立に入った。
そこには私より頭が良く、絵が上手い子がわんさかいた。

一気に中流になった。

某神演義にはまり、同人を知り、それからは
漫画の絵ばかり描いていた。

人間の絵では勝ち目が無いため、たれぱんだの絵を描きまくっていた。
たれぱんだを描けば、私より絵が上手い子達が、私の絵を見てくれた。
「おもしろいね」と、褒めてくれた。


そんななか、体を壊し、一気に劣等生になった。
絵をしばらく描いていなかったため、絵が一気に下手になった。

劣等生になった私は、授業中、ノートの端に、らくがきばかりしていた。
へたくそな、らくがき。
それを毎晩2〜3枚、スキャナに取って、サイトの『らくがきコーナー』にUPしていた。

それを毎日見てくれる、ネットの友達がいた。
それが私の生き甲斐だった。







act 4. 専門学校

専門学校に入った動機は、『FLASHクリエイターになりたい』だった。
当時CMサイトというお小遣い稼ぎサイトを毎日見ていて、
いつかこのサイトでお仕事をしたい、と夢見たからだ。

学校に入って、Flash作成ソフトのアカデミック版を買った。
授業を2回受けたその晩に、自分の絵が動く、憧れていたFlashアニメーションを作った。


専門学校には、デッサンの授業があった。
一回目は、「まあ、うまいんじゃないですか」と言われた。
それが『学生レベルだとまあまあ、あくまでまあまあ』という含意に気づいたのは最近だ。
言葉の意味を深く考えなかった当時、嬉しくなった。

デッサンの授業は、二回目以降は、別の先生になった。
一回目の先生は、臨時の先生だった。


その先生に、「お前は絵が下手だ」と言われまくったのだ。

言葉通りの意味を捉える、純粋だった私は、
次第に『絵への自信』をなくしていき、
『絵を描く事の楽しさ』を見失っていった。



しかし今思うと、私より絵が上手い子に、私のデッサンを見せて
「こういうタッチを採り入れてもいいかもな」と言っていたり、
「毎日朝デッサン室に来て、毎日描け」と誘ったり
(絵への自信をなくしていたため、そんな気力は無かった)
多少認められていたのではないか、と今にして思う。



(ツンデレなのかなwwwwwwwwwwwwwww)




絵を描く事が、幼稚園の時から好きだったため、
『絵を描く事』に少し否定的な感情を抱いてしまった心をごまかすように、

人物デッサンの本を買い、
お金がないのでニッセンを定期的にもらい、
チラシの裏にそれらの模写をしまくった。

だが、全然上達がみられなかった。



辛かった。
それは、意地から来る、全然『楽しくない』事だった。



その後、絵と関係ない人間関係でうまくいかなくなり、
学校の役割として、プログラマーになった。

こちらは向いていたし、需要があったので、ほめられ、上達した。
そして、プログラマーとして就職した。




act 5. 社会人

「私は絵じゃなくて、PCの方が好き。PCを極めたい」
と、絵の上達を諦めた。

フジリューは好きだったので、たれぱんだのイラストを量産していた。
たれぱんだの同人誌も、精力的に作っていた。



一方、なんとかハイクというサイトで、友達と仲良くなるために
オリジナルのイラストを捻出していたが、
心からは楽しくなかった。

なんとかハイクで睡眠時間を削ってイラストを描いていたら無理がたたって、
再度体を壊した。(※今は猛省して、そんなことしません)


病み上がりの私は、趣味のプログラムを書きつつ
フジリューの友達と繋がっていたいために、たれぱんだのイラストを量産していた。





ピクシブが流行ってきて、
『ピクシブで閲覧数を取る』という価値基準に支配されて
閲覧数を取れないイラストを描かなくなった。

たれぱんだのイラストなら閲覧数やブクマが取れる。
そんな歪んだ価値観に支配された私は、
人間のイラストを描くのをやめ、たれぱんだのイラストばかり描いた。

そのうちたれぱんだのイラストも、"すごい人たち"と比べて見られない。
(そんな人たちと比べるなんて、身の程知らずだが、同じプラットフォームで載せているため、同じ土俵と勘違いしてしまう)

たれぱんだを描く唯一の理由だった『見てもらえる』『褒められる』ということすらなくなり、
私はたれぱんだの筆を折った。




しばらく、絵は、たまにメモを書いて捨てる紙のはしっこに、生首(笑)を描くだけだった。




続きを読む


posted by いりも at 12:40 | Comment(2) | 日記

2013年01月09日

ブックオフは、著者に恩恵が来る!

ブックオフの本が、三が日、全品20%OFFだったね!!!
半分フランチャイズ(個人事業主が、名前を借りて運営)なブックオフが、
全店舗一斉値引きは珍しい、記憶する限り初めてだそうだねー。



完全に罠 だ っ た w
買いすぎてしまった。

でも、本当に読みたかった本を安く買えたなら、
これ以上幸福な事は無い。







ところで、
「ブックオフ嫌い」って言ってる著者は多い。

自分の懐に一円も入らず、謎の古本市場の懐にお金が入るのは悔しいね。


でも、社会は循環で。
著者が気に入って、最新刊を本屋で買ってくれるかもしんないじゃん。








本屋で定価の流通が終わっても、
自分の『名前が一人歩きする』。



だって、定価で本を売る時だって、
著者のまわりの、本を生み出してない人にもお金が入る訳で。
流通業者とか。

ブックオフは、そういう流通業者の一種だと思えば。





写真-(6).jpg
続きを読む
タグ:ブックオフ



posted by いりも at 06:50 | Comment(0) | 節約エッセイ

2013年01月08日

ポイントカード、束になって持ってない?

お店で「ポイントカード、年会費無料で作れますのでいかがですか?」
って言われると、つい、貯めたらオトクになるかな、と作っちゃうんだ。

でも、ポイントカードでポイント還元できるくらい貯めるのって
とっても頻度が多い店しかない。


だって月1以下で行ってる店で、ポイント交換したところあるー?







私は、美容院以外ないなー。






んじゃ、新年だし、ポイントカードを整理してみない?













まずは、有効期限が切れているものを捨てよう。
これはできると思う。




次に、半年以上行ってない店のは、まず貯まらないね。捨てよう。

ちょっとポイント入ってるカードを捨てるの、勇気がいるんだよね…
「数円を捨ててる」気がするからね。。




『断捨離』という考え方は、聞いた事ある?

(なんか山下さんという人がアイコンになって、ちょっと宗教みたいで、変な方向に行ってるけど
そんな中から、学べる要素を少しでも吸い取るのって、悪くない気が。)

『モノへの執着を捨てて、心を軽くしよう』って考え方なんだ。




おうちで散らかってるもの、『いつか使う』『もったいない』と、
愛着≒執着に縛られてない??




それのサイフ版は、
『ポイントカードの【小さなオトク感】への執着を捨てよう』
ってこと。

はじめはちょっと難しいかな…









無理にしなくていいよ。
全部見直して、有効期限が切れてるものを捨てるだけで
けっこう、量が減ると思う。







あと、旅行先で作った、二度と行かないお店のポイントカード。
首都圏とか大阪とか、また使うかもしれない…って思っちゃう気持ちは
よーーーくわかる!!
でも、ポイント貯まるほどそのお店に行くかな?
それこそ、一年に一回の世界でしょ。





捨てても問題ないと(^皿^)












やったね!


写真 (5).JPG
タグ:断捨離



posted by いりも at 06:47 | Comment(0) | 節約エッセイ