2011年09月01日

一分間でやる気が出る146のヒント

一分間でやる気が出る146のヒント

という本、2週間かけて読了しました。
会社の近所の小さい本棚に平積みされてて、そのときは見送ったんだけど
次に行ったら1冊しかなかった。平積みってすごい。

教訓が146こ書かれてて、それぞれについて思いをめぐらすワークの感じ。
evernote(例によって)に「ポジティブマインド」というノートブックを作って
ひとつひとつ(あんまりコないものは書かなかったけど)写経して、自分の身に置き換えて、というのをやっていった。


一番心に残った教訓としては、


119こめ
人生の目的を紙に書く



というもの。
これは、私は


私の人生の目的は、
まわりを明るく楽しくする。
(私を笑ってくれてもいいし、
私の作ったもので明るく楽しくなってくれたらよし。)



と自分に置き換えてみた。
改めて、考えてみた。


仕事のやる気が起きなくて悩んでた最中だったけど、
ひとつひとつ想いをめぐらすのが楽しくって。
とても良い本を買いましたとさ!


posted by いりも at 06:32 | Comment(0) | 書評